そんな久太郎の日々であります
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スーパープレイ

↓この動画の6:04〜6:10で長谷川浩二が叩き込む恐るべき手数の嵐。


Abingdon boys scool/and I love

曲中のプレイとしてはこのライブDVDで最高の難易度であります。何やってんだかさっぱりわかりません。一体この6秒間の間にどれだけの手数を詰め込んでるんでしょうか(笑)



↓続き(追記)をご覧下さい。


続きを読む >>
Sakura

久々に良い物を発見♪

過去にイケないお薬を使って某有名バンドをクビになったSakuraのドラム。Creature Creatureの曲中なんですが、まぁレベルの高い演奏しておられます。ちなみにアルバムではSakuraくんの師匠である湊さんがドラム叩いてるという不思議な縁(笑)





とりあえずコピーしてみるべ♪



えっ!DEAD ENDがエイベックス所属???

-----
abingdon boys school - HOWLING

abingdon boys schoolの「HOWLING」。ドラムはもちろん長谷川浩二。

色々と動画出回っておりますが、これのバージョンはやや比較的自由に(?)演奏している感じなので、こういうアプローチもあるという意味でチェックしておくべき音源かと。


特に3:34と4:10でのお得意フレーズは圧巻。このテンポでこのツブ揃い…。さすがトップドラマー…。

そして言うまでもありませんがソロのバックは高難易度。こんな無茶なパターンをこの曲で聴いたのは私だけでしょうか。

もしかしたら作曲した人が「ここは絶対にこのパターンで叩いてよ」と無茶な注文したのかも。「え〜これは無理だよ〜、え、マジでやれっての???わかったよ…」みたいなやりとりがあったのかも。Aメロでもドラマーだったら考えないようなバスドラのパターンとか入ってるし…







しかし相変わらずフォームが……美しい…。



-----