そんな久太郎の日々であります
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< カニツアーにいってみた | main | さんさか >>
この二人の関係について考える

今さらではありますが、この二人の関係について考えてみました。


湊雅史 & 富田京子

プリプリの曲で「M」ってありますが、その作詞者とモデルになった人物のMさんであります。


↓つづき(追記)をご覧ください。




このお二人がお付き合いされていたということはあまり表に出ておらず、「M」が湊さんだということはネット上の情報なのでホントかどうか知りませんが、なぜか探偵さんまでWEB上で公言しておりますのでほぼ間違いないかと。

気になったのは「M」がカップリングされたシングル「Diamond」前後の二人の状況。「M」が失恋の曲なのでその頃には破局しているわけですが、一体お二人はどんな時期に付き合っておられたんでしょうか。アルバム・シングルなどのリリース時期を追ってみました。


年代 富田京子
ex.Princess Princess
1965/6/2生まれ
湊雅史
ex.DEAD END
1966/3/20生まれ
1986 5月 Princess Princessでデビュー DEAD ENDに加入
1987 4/22 シングル「恋はバランス」
5/21 アルバム「TELEPOTATION」
7/16 シングル「世界で一番熱い夏」
11/21 シングル「MY WILL」
1988 2/26 アルバム「HERE WE ARE」
3/26 シングル「19 GROWING UP」
5/21 アルバム「SHAMBARA」
10/21 シングル「GET CRAZY!」
11/21 アルバム「LET'S GET CRAZY」
1989 4/21 シングル「Diamond」
11/17 アルバム「LOVERS」
9/21 アルバム「ZERO」
1990 1月 解散
4/21 シングル「OH YEAH!」
以下略
1996 5/31 解散



という感じです。

年齢は近いということで気が合ったんでしょうが、疑問なのがこの二人の出会い。いったいどこで会ったんだろ?イベントで対バンしました〜って、当時プリプリとDEAD ENDが音楽性の垣根を何枚も飛び越えて一緒に出れるイベントがあったとは考えられんし、そもそもドラマー同士なんでツインドラムでもない限りバンドで知り合いましたってこともないし、やっぱり音楽関係の雑誌の対談とかが有力なんでしょうか?

いや、意外に使ってるスタジオが一緒で、デビュー前から顔見知りだったとかwww

もしかして、単にどちらかがファンでライブを見に行ったとか。



とまぁ色々と考えられますが(笑)根拠となる情報は一切なし。もし仮にお互いデビューして知り合ったというなら、お付き合いした期間は、湊さんの名前が業界に知れ渡ったDEAD ENDの「Shambara」リリース以降となり、交際期間は最長で「Shanbara」リリース〜「Diamond」リリースまでの1年足らずってことかな?

一年も付き合ってないのに歌にされてしまうとは、女はこわい……


かなり下世話な話になってしまいましたが(苦笑)まとめるとこうです。


・交際期間(最長):1988/5〜1989/4
・湊雅史 22歳〜23歳
・富田京子 22歳〜23歳


と推測されるのであります。


しかし下世話にもほどがある(苦笑)



富田京子さんと言えば、大昔、ドラムマガジンに1ページのコラムを別のドラマーさんと1カ月交代で書かれてまして、プリプリ解散発表2か月前ぐらいのコラムにこんな寂しいコラムを載せられてました。

デビューしたころはレコーディングで色んな事が出来ることにみんなびっくりして、自分のRECがない時もみんなスタジオに顔を出してたけど、いつからかは徐々に慣れてきて、自分のRECの時だけ顔を出すようになってしまった。


この2か月後に解散の発表があり、このコラムを覚えていた自分は妙に内容がリンクして驚いたもんです。


で、たしか…


1ヶ月交替でコラムを書いていた別のドラマーさんって、湊さんじゃなかったっけ…?





最後に


湊さんが思い出したくもない「Shanbara」発売当時の写真で締めくくりたいと思います。
個人的には大好きなアルバムなんですけどね





-----
スポンサーサイト
COMMENT